農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > 農研機構とバンダイナムコ研究所がドローンとAI利用したスマート育種評価法確立

農研機構とバンダイナムコ研究所がドローンとAI利用したスマート育種評価法確立

農研機構とバンダイナムコ研究所がドローンとAI利用したスマート育種評価法確立
農研機構はバンダイナムコ研究所と共同で、ドローンと人工知能( AI ) の深層学習( ディープラーニング) を用いて、牧草育種評価法を開発した。これによりこれまで育種家が畑を2時間以上歩いて肉眼観察で牧草を一株ずつ評価していた作業を、ドローンで撮影した画像から、あらかじめ学習させておいたAIが5分程度で行えるようになる。
 日本の畜産物生産については、増加している消費に対応して規模拡大と頭数の確保を行うのと併せて、ICTやロボット技術の導入による生産性の向上を図る必要がある。これを実現させるための技術革新の一つが飼料作物の育種の効率化だ。本手法の開発により牧草の優良品種育成の加速化が期待されている。

関連記事

農機シェアリング等 「スマート農業産地形成実証」公募

農機シェアリング等 「スマート農業産地形成実証」公募

技術開発の公募開始 深水管理の雑草抑制など

技術開発の公募開始 深水管理の雑草抑制など

加入戸数は17万戸超 30年度園芸施設共済統計

加入戸数は17万戸超 30年度園芸施設共済統計

農水省4年度組織・定員

農水省4年度組織・定員