農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > イノフィスのマッスルスーツが累計出荷台数1万台突破

イノフィスのマッスルスーツが累計出荷台数1万台突破

イノフィスのマッスルスーツが累計出荷台数1万台突破
イノフィス=古川尚史社長、東京都新宿区神楽坂4―2―2=は、同社が開発・販売するマッスルスーツの累計出荷台数が3月2日時点で1万台を突破したと発表した。 同社によれば、「人工筋肉をアクチュエーターとした外骨格型アシストスーツでは世界一の出荷台数になる」としている。 同社は2014年から「腰補助用マッスルスーツ」の販売を始めて以来、「機能はそのまま、より軽量に、より低価格に」を追求し続け、毎年新モデルを開発してきた。さらに、リコーグループとの協業連携により、さらなる軽量化と量産化による大幅な低価格化を実現した次世代モデル「マッスルスーツEvery(エブリィ)」の販売を昨年11月1日から開始した。

関連記事

FMC 高品質な農作物栽培へ 秀品サポート肥料を上市

FMC 高品質な農作物栽培へ 秀品サポート肥料を上市

精密農業をサポート ビコンジャパンがGEOヘルプセンター

精密農業をサポート ビコンジャパンがGEOヘルプセンター

KOBASHIHOLDINGSがKOBASHI ROBOTICS設立 量産化支援の新会社

KOBASHIHOLDINGSがKOBASHI ROBOTICS設立 量産化支援の新会社

オーレックが乗用草刈機の新製品 乗り心地・安全面が向上

オーレックが乗用草刈機の新製品 乗り心地・安全面が向上