農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > そば収穫量は42%増 生育期間の好天が影響

そば収穫量は42%増 生育期間の好天が影響

そば収穫量は42%増 生育期間の好天が影響
農水省は令和元年産そば(乾燥子実)の作付面積、収穫量を公表した。 そばの全国の作付面積は6万5400㌶で、前年産に比べ1500㌶(2%)増加した。これは他作物からの転換などがあったため。
 都道府県別に作付面積をみると、北海道が2万5200㌶と最も多い。都府県では、山形526
0㌶、長野4410㌶、秋田3770㌶の順となっている。10㌃当たり収量は63㌔㌘で、作柄が悪かった前年産を40%上回った。

関連記事

事務次官に横山紳氏 林野庁長官に織田氏 28日付農水省人事

事務次官に横山紳氏 林野庁長官に織田氏 28日付農水省人事

食料安保のリスク検証 温暖化の影響顕在化 肥料高騰「重要なリスク」に

食料安保のリスク検証 温暖化の影響顕在化 肥料高騰「重要なリスク」に

食料安保の強化へ 生産資材安定確保 肥料価格急騰への対策検討 骨太の方針

食料安保の強化へ 生産資材安定確保 肥料価格急騰への対策検討 骨太の方針

尿素は94%の上昇 令和4肥料年度秋肥価格 JA全農

尿素は94%の上昇 令和4肥料年度秋肥価格 JA全農