農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 茶業振興で基本方針骨子案 新需要創出へ力点

茶業振興で基本方針骨子案 新需要創出へ力点

茶業振興で基本方針骨子案 新需要創出へ力点
農水省は3月2日、省内の会議室で「茶業および茶の文化の振興に関する基本方針」有識者検討会を開催した。同基本方針は「お茶の振興に関する法律」に基づいて平成24年に制定されたものだが、今月末の食料・農業・農村基本計画の改定にあわせ、昨今の茶業をめぐる情勢を踏まえて、見直しを行うことになった。第1回となる今検討会では、茶業をめぐる情勢と、基本方針の骨子案を生産局の橋本陽子・地域対策官が説明。その後、各委員が意見を述べた。

検討会のはじめに水田正和・生産局長が挨拶にたち「新たな基本方針をまとめることで茶産地、関係者に対し、今後も茶業に積極的に取り組んでいけるような前向きなメッセージを発信していきたい」と述べた。その後茶業をめぐる情勢について報告。

関連記事

3年度融資5007億円 スーパーL資金は3012億円 日本公庫

3年度融資5007億円 スーパーL資金は3012億円 日本公庫

SSの安全性強化へ 基準化など検討進む 農作業安全検討会

SSの安全性強化へ 基準化など検討進む 農作業安全検討会

作付け転換4.3万haに 6月末 作付意向4年産目標達成見込み

申請手続等簡素化 秋肥分は最速年内交付へ

申請手続等簡素化 秋肥分は最速年内交付へ