農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > 利用効率の向上へ 窒素固定に関する遺伝子発見

利用効率の向上へ 窒素固定に関する遺伝子発見

利用効率の向上へ 窒素固定に関する遺伝子発見
農研機構、理化学研究所、日本大学生物資源科学部、東北大学、かずさDNA研究所は、マメ科植物と根粒菌の共生に関わる重要な遺伝子を発見した。
 ダイズなどのマメ科植物は、根粒菌と共生することで、空気中の窒素を利用できることから、窒素栄養の少ない土地でも生育できる。この根粒菌の能力を活用することで、マメ科植物では、窒素肥料に依存しない栽培が可能になると期待されている。一方、根粒菌の中には、マメ科植物に住みついても窒素固定をほとんど行えない不良根粒菌が複数存在している。現在の農業生産においては、そのような不良根粒菌が優先的にマメ科植物に住み着くことで優良な
根粒菌の共生が妨げられ、共生窒素固定の能力が十分に発揮されないことが問題となっている。

関連記事

日本国内で初確認 トマトキバガが熊本で

日本国内で初確認 トマトキバガが熊本で

農地面積は399万ha 令和2年の農用地区域内

農地面積は399万ha 令和2年の農用地区域内

配送ロボの公道走行など次期国会で法改正へ 地域の活力創造本部で明らかに

配送ロボの公道走行など次期国会で法改正へ 地域の活力創造本部で明らかに

4年産米は4万ha削減必要 生産量見通し675万t 5年6月末在庫200万tに

4年産米は4万ha削減必要 生産量見通し675万t 5年6月末在庫200万tに