農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > 木材チップは930万t 木質バイオマス利用調査

木材チップは930万t 木質バイオマス利用調査

木材チップは930万t 木質バイオマス利用調査
林野庁はこのほど、平成30年木質バイオマス利用動向調査の結果(確報)をまとめた。
 平成30年にエネルギーとして利用された木質バイオマスの量は木材チップが前年比6・6%増の930万絶乾㌧、木質ペレットが同95・2%増の73万㌧と大きく伸長。薪は同14・3%減の5万㌧、木粉(おが粉)は同9・2%減の37万㌧となった。なお、木材チップのうち間伐材・林地残材等に由来するものは同4・2%増の274万絶乾㌧となった。特に9発電を行う事業所における利用量(発電機のみを所有している事業所については同7%の増加)した。

関連記事

技術開発の公募開始 深水管理の雑草抑制など

技術開発の公募開始 深水管理の雑草抑制など

加入戸数は17万戸超 30年度園芸施設共済統計

加入戸数は17万戸超 30年度園芸施設共済統計

農水省4年度組織・定員

農水省4年度組織・定員

森林の意義明らかに CO2吸収量算定法策定

森林の意義明らかに CO2吸収量算定法策定