農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 令和元年産麦類の収穫量 都府県は22%増加 

令和元年産麦類の収穫量 都府県は22%増加 

令和元年産麦類の収穫量 都府県は22%増加 

 農水省は9月27日、令和元年産麦類(子実用)の作付面積(全国)及び収穫量(都府県)を公表した。

 全国における4麦計(子実用、小麦、二条大麦、六条大麦及びはだか麦)の作付面積は前年産波並みの27万3000㌶となった。このうち北海道は12万3300㌶、都府県は14万9700㌶。

一方、都府県の収穫量は前年産比10万4000㌧(22%)増の56万6800㌧となった。これは4麦すべてで10㌃あたり収量が前年産を上回ったため。

関連記事

農地集積率58・9% 23年8割目標には程遠く

農地集積率58・9% 23年8割目標には程遠く

事務次官に横山紳氏 林野庁長官に織田氏 28日付農水省人事

事務次官に横山紳氏 林野庁長官に織田氏 28日付農水省人事

食料安保のリスク検証 温暖化の影響顕在化 肥料高騰「重要なリスク」に

食料安保のリスク検証 温暖化の影響顕在化 肥料高騰「重要なリスク」に

売上高8.1%増86億円 4月土・日・祝日で大幅な伸び ゴルフ場統計

売上高8.1%増86億円 4月土・日・祝日で大幅な伸び ゴルフ場統計