農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > 30年産荒茶生産量2万3500t 静岡がほぼ半数占める

30年産荒茶生産量2万3500t 静岡がほぼ半数占める

30年産荒茶生産量2万3500t 静岡がほぼ半数占める

 農水省は8月20日、令和元年産一番茶の摘採面積、生葉収穫量及び荒茶生産量(主産県)を公表した(本紙一部既報)。主産県の摘採面積は前年比700ha(3%)減の2万7100ha、10aあたり生葉収量は同8%下回る432㎏となった。これは前年が天候に恵まれ作柄が良好だったため。この結果、主産県の生葉収穫量は同1万4100t(11%)減の11万4100t、荒茶生産量は同2700t(10%)減の2万3500tとなった。

関連記事

1等比率は83.1% 3年11月30日現在農産物検査

1等比率は83.1% 3年11月30日現在農産物検査

都道府県別令和2年農業産出額 北海道は1兆2667億円

都道府県別令和2年農業産出額 北海道は1兆2667億円

トラ45%増1986億円 日農工1月輸出入実績

トラ45%増1986億円 日農工1月輸出入実績

令和2年産出額 0.4%増の8.9兆円に 野菜、豚の価格上昇が影響

令和2年産出額 0.4%増の8.9兆円に 野菜、豚の価格上昇が影響