農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > JA全農 気象データ活用拡大 営農指導をバックアップ

JA全農 気象データ活用拡大 営農指導をバックアップ

JA全農 気象データ活用拡大 営農指導をバックアップ

 JA全農は、JAグループ向けの会員制営農Webサービス「アピネス/アグリインフォ」とインターネット上の電子地図とMicrosoftExcelのワークシートを結びつけ地理情報を連携させた営農管理システム「Z―GIS」(ゼット・ジー・アイ・エス)の機能を強化し、4月11日から運用を開始した。

 アピネス/アグリインフォは、全国の営農指導員、TAC、生産者に対する営農と営農支援を目的に1998年から提供。4月1日現在の会員数は4815(JA会員393、農家会員4422)。Z―GISは、土地所有者や作付け品目・品種、生産履歴など、圃場に関する情報管理の効率化を目指して、2018年4月にリリースした。4月1日現在のダウンロード数は7358(無料お試しユーザーを含む)。

 今回、それぞれの機能を拡大することで気象データを活用し、営農をバックアップする。

関連記事

筆頭株主の異動発表 日立及びグループ連携継続 ~日立建機~

筆頭株主の異動発表 日立及びグループ連携継続 ~日立建機~

2022年上期新商品 ~井関農機~

2022年上期新商品 ~井関農機~

使いやすくパワフル 次世代ミニショベル2機種 ~キャタピラー~

使いやすくパワフル 次世代ミニショベル2機種 ~キャタピラー~

微細な霧を根に噴霧 新しい節液栽培システム ~いけうち~

微細な霧を根に噴霧 新しい節液栽培システム ~いけうち~