農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > 畑作経営の農業所得は約3割増 1経営体あたり348万円

畑作経営の農業所得は約3割増 1経営体あたり348万円

畑作経営の農業所得は約3割増 1経営体あたり348万円
ばれいしょ、かんしょ(さつま芋)などを生産している畑作経営。その”フトコロ具合い”を示すのが経済状況。農水省が12月11日に公表した畑作経営の経営統計。平成29年度の畑作経営の1経営体あたりでは、農業粗収益は954万円で前年に比べ10.5%増、農業経営費は606万円で前年比1.9%増。この結果、粗利益から経営費を差し引いた農業所得は348万円で前年に比べ29.6%と約30%の増加だった。なかでも畑作中心の北海道は40ha以上の層で2410万円となっている。

関連記事

G20新潟農業大臣会合、ICTやAIなど先端技術でイノベーションを奨励 スマート農業を視察

G20新潟農業大臣会合、ICTやAIなど先端技術でイノベーションを奨励 スマート農業を視察

30年産米の農産物検査結果 1等比率は80.5%

30年産米の農産物検査結果 1等比率は80.5%

天然物質で害虫予防 農研機構が新防除技術の開発へ

天然物質で害虫予防 農研機構が新防除技術の開発へ

JATAFFがバイオ技術でシンポ

JATAFFがバイオ技術でシンポ