農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 荒茶生産量は12%増加 単収増え収穫量は増加

荒茶生産量は12%増加 単収増え収穫量は増加

農水省は8月20日、平成30年産一番茶の摘採面積、生葉収穫量、荒茶生産量(主産県)を公表した。それによると、主産県の摘採面積(茶の栽培面積のうち収穫を目的とした茶葉の摘取りが行われた面積)は2万7800㌶で前年に比べ400ha(1%)減少した。

 10aあたり生葉収穫量は427kgで前年に暗ね14%上回った。これは、概ね天候に恵まれ生育が順調に推移したため。

関連記事

事務次官に横山紳氏 林野庁長官に織田氏 28日付農水省人事

事務次官に横山紳氏 林野庁長官に織田氏 28日付農水省人事

食料安保のリスク検証 温暖化の影響顕在化 肥料高騰「重要なリスク」に

食料安保のリスク検証 温暖化の影響顕在化 肥料高騰「重要なリスク」に

食料安保の強化へ 生産資材安定確保 肥料価格急騰への対策検討 骨太の方針

食料安保の強化へ 生産資材安定確保 肥料価格急騰への対策検討 骨太の方針

尿素は94%の上昇 令和4肥料年度秋肥価格 JA全農

尿素は94%の上昇 令和4肥料年度秋肥価格 JA全農