農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > 農研機構と新農機が高山市で軟弱野菜の調製機の現地検開催 30~50%の高能率目指す

農研機構と新農機が高山市で軟弱野菜の調製機の現地検開催 30~50%の高能率目指す

農研機構と新農機が高山市で軟弱野菜の調製機の現地検開催 30~50%の高能率目指す

 農研機構 農業技術革新工学研究センター (革新工学センター:藤村博志所長)と新農業機械実用化促進(新農機:小西孝藏社長)は、11月8日、岐阜県高山市のJAひだで、軟弱野菜の高性能調製機の現地検討会を開催した。

 当日は開発機の概要説明、産地研究者による報告が行われた後、質疑応答、同プロジェクトに参画したクボタ、齊藤農機の開発担当者による開発機の説明と作業の実演が行われた。検討会には、生産者や研究機関、行政担当者等約193名が参加した。

関連記事

技術開発の公募開始 深水管理の雑草抑制など

技術開発の公募開始 深水管理の雑草抑制など

加入戸数は17万戸超 30年度園芸施設共済統計

加入戸数は17万戸超 30年度園芸施設共済統計

農水省4年度組織・定員

農水省4年度組織・定員

森林の意義明らかに CO2吸収量算定法策定

森林の意義明らかに CO2吸収量算定法策定