農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 月曜日発行
 >  > 土地改良で高収益化を目指す 機械導入で効率化

土地改良で高収益化を目指す 機械導入で効率化

土地改良で高収益化を目指す 機械導入で効率化

 農業において、効率化は喫緊の課題の一つ。農作業を効率的に行うことで大規模経営に発展させたり、生産物を直売、加工するなどの6次産業化に取組むなど農業経営の安定や向上を図ることができる。そのため、直播栽培や密播など様々な技術の導入が進められている。
 しかし、こうした技術の効果を最大限発揮させるためには、基盤整備された圃場が不可欠となる。農水省では、土地改良事業によって高収益な農業に取組む事例を集め、その実現に向けた取組みの横展開を目指している。

関連記事

住友ゴム工業が直系販社軸に販売強化 ダンロップ・ファルケン農耕用タイヤ

住友ゴム工業が直系販社軸に販売強化 ダンロップ・ファルケン農耕用タイヤ

ミツバチ被害の事例報告 情報共有等効果有 農水省が報告

ミツバチ被害の事例報告 情報共有等効果有 農水省が報告

松山IT相が農研機構、井関を視察

松山IT相が農研機構、井関を視察

メダル獲得に期待 WLC出場戦士が表敬訪問

メダル獲得に期待 WLC出場戦士が表敬訪問