農林業機械・農薬・資材についての動向を紹介する

受付時間 平日9:30~17:00

TEL 03-3831-5281

毎週 火曜日発行
 >  > 小麦収穫量は天候不順などが影響して23%減の78万㌧に

小麦収穫量は天候不順などが影響して23%減の78万㌧に

 農水省は11月22日、平成28年産の4麦の収穫量を公表した。それによると、平成28年産の4麦(子実用)の合計は作付面積が27万5900㌶で前年比1%増。収穫量は同20%減の94万6500㌧となった。このうち小麦(子実用)は作付面積が同1%増の21万4400㌶、10㌃あたり収量が同23%減の363㌔㌘、収穫量は同23%減の77万7900㌧となった。これは主産地である北海道で天候不順などで登熟が抑制されたことなどによる。

関連記事

1戸当り乳用牛103頭 肉用牛も65頭に増加  令和4年畜産統計

1戸当り乳用牛103頭 肉用牛も65頭に増加 令和4年畜産統計

輸出16%増1322億円 日農工1―5月輸出入実績

輸出16%増1322億円 日農工1―5月輸出入実績

食用きのこ46万t令和3年 特用林産物

農地集積率58・9% 23年8割目標には程遠く

農地集積率58・9% 23年8割目標には程遠く